住宅の屋根に塗装は必要?雨漏りなどの被害に合わないように屋根の特性を知る

住宅の屋根は、素材によって定期的に塗装を必要とする場合があります。塗装すべき状態になっているのに長く放置していると、屋根の素材自体が劣化する可能性もありますし、最悪の場合は雨漏りが起こって大切な住宅や家財、または健康状態にまで被害が及ぶ場合もあります。

そこでこのコラムでは、塗装が必要な屋根材についてわかりやすく解説していきます。ぜひ最後まで読んで住宅維持の参考にしてくださいね。

そもそも屋根って塗装が必要なの?

結論から言えば、日本瓦(和瓦、粘土瓦とも言う)以外の屋根材を使っている場合は定期的な塗装が必要です。瓦の中でもセメント瓦など塗装を必要とする材質もあるので、ぜひこの機会に自宅の屋根材に何が使われているかをしっかり確認してください。

屋根はなぜ塗装する必要があるの?

屋根は常に直射日光、風雨、鳥の糞、大気中の化学物質などにさらされています。そのため、材料を保護するために行われている塗装は、日々劣化を続けています。

スレート屋根、金属屋根、セメント瓦などは表面に施してある塗装処理が剥がれたり効果が低下したりすると、サビや腐食などの素材自体の劣化が始まります。そのため、定期的に塗装をすることは屋根材を守るために欠かせないことなのです。

粘土瓦は塗装をしなくても防水能力は落ちませんが、固定のために使われる漆喰がひび割れることがあるので、やはり定期的な補修は必要となります。

屋根が劣化するとどうなるの?

屋根の塗装が剥がれてくると、まず見た目が悪くなる問題が起こります。見た目が悪いだけなら、と放置してしまうこともあるかもしれませんが、外観以上に問題になるのは雨漏りの発生です。

雨漏りは微小に起こっているうちは天井裏の範囲で限定されていることもあり、いきなり居住空間に影響が出ないケースもあります。このような場合は天井の素材が腐食したり、カビやダニが繁殖するなどが起こって気づかないうちに住宅が劣化し、健康被害が出る場合もあります。

さらに劣化が進んで局住空間で雨漏りが確認できるようになった場合、大切な家具がダメージを受けるかもしれません。精神的にも安心して暮らせなくなりますし、住宅の資産価値も大きく低下しますから、雨漏りが起こらないように、定期的に屋根の点検や塗装を行いましょう。

屋根塗装の時期

この項目では、屋根塗装の時期を考えるための要素を解説していきます。

屋根の塗装が必要な目安

屋根をじっくり観察すると塗装が必要な兆候が見える場合があります。ここではまずその兆候を紹介しましょう。

・目に見える塗装の変化

塗装の色があせてきた、屋根が本来の色とは別に白っぽく見える、といった場合は塗装を考える時期かもしれません。また、手で塗装面を触ってみて白い粉が付くようであれば、「チョーキング」という塗装の劣化の初期段階であることがわかる場合もあります。

・カビやコケが見える

塗装が劣化してくるとカビやコケが繁殖しやすい環境に代わっていきます。こうなると見た目が悪いだけでなく、防水性も失われていきますから、早めに塗装を考えましょう。

・屋根材の破損やサビが見える

金属材料であればサビが浮いてくることがあります。また、強風などで飛来物があった場合、キズができるとそこから塗装が剥がれていったり、ヘコミに水がたまって劣化が進みやすくなったりすることもあります。

もし屋根材がはがれかかっていたりすれば、自宅の被害だけでなく周辺の住民に迷惑をかける可能性もあるので早めにプロの業者に相談しましょう。

ただし、屋根に上って確認する作業は危険が伴いますから、無理をせず業者に調査を依頼しましょう。調査であれば無料で行ってくれるところが多数存在するはずです。

兆候が見えなくてもしばらく塗装していない場合は点検を受けよう

屋根に使用されている素材や使用されている塗料、その場所の環境によってメンテナンスの時期は異なりますが、7年から10年に一度は塗装を行うことが一般的です。もし10年以上も何の手入れもしていない、という場合は信頼できる業者を探して点検を受けましょう。

まとめ

屋根の塗装の必要性や補修の時期についての知識をまとめました。屋根は普段あまり気にする部分ではありませんが、快適な暮らしを支える重要な部位です。雨漏りなどが起こって大きなダメージを受ける前に、しっかりと点検やメンテナンスを行いましょう。

株式会社作新建装は、今回紹介した屋根を含む住宅の外壁塗装を専門的に行なっている会社です。当社は赤外線カメラを使った雨漏り診断も行っていますので、屋根の塗装劣化が気になる場合などはお気軽に声をかけてください。

また、当社は太陽光による熱を反射させて屋内の温度上昇を抑える遮熱塗料や断熱塗料を使用して、保守だけでなく快適性にも貢献する塗装を行っています。

住宅や店舗、アパート、マンションなどの屋根塗装をお考えであれば、まずは株式会社作新建装にご相談ください!

作新建装5つの安心

  1. 完全自社職人施工

    完全自社職人施工

    作新建装は1級建築士、2級施工管理技士(仕上げ)、1級塗装技能士、2級塗装技能士等、国家資格を所有している建築士、技能士、施工管理技士がいる相互リフォームのできる塗装店です。また、お客様により良いサービスを提供できるようにマナー講習や各勉強会に参加し、サービスの向上に日々努めております。
    さらに!
    営業経費カットで外壁塗装、屋根塗装、シーリング、防水工事を合わせてセット割りできます。建設業許可を取得しているので水廻り木工事などのリフォーム、増築、新築工事も対応可能です。

  2. 安心の保証書発行

    工事完工後保証期間が切れた後でもちょっとしたことなら、全てサービスで施工いたします。

  3. 各メーカー優良施工店

    関西ペイント優良認定店、エスケー化研優良認定店

    認定店授与で塗料メーカーお墨付きです。
    >>詳細はこちら

  4. 地域完全密着でアフターフォロー

    1年、3年、5年目ごとに塗装の状態をヒアリングさせて頂いております。

  5. 20名に及ぶ安定した職人

    20名からの職人が毎日常備対応します。社長の息子2名が職人として修行してますので20年後30年後もご安心ください。

 

サービス案内

  • 外壁塗装
  • 吹付け工事
  • 防水工事

施工動画

  • 薬品洗い高圧洗浄 薬品洗い高圧洗浄
  • タイル吹付け工事 タイル吹付け工事
  • 屋根 吹付塗装 屋根 吹付塗装

スタッフ一同心を込めて施工いたします。

  • スタッフ一同心を込めて施工いたします。
  • 八千代台店
  • 長作施工センター
  • 一級建築士事務所 習志野建設事業部

※営業目的のお電話は固くお断りしています。予めご容赦ください※