コンテンツ

外装リフォーム成功マニュアル④~日なたと日陰の違い~

同じ家でも劣化の速度は場所によってさまざま

日なたと日陰で症状が違う

外壁や屋根の劣化は、立地条件や環境によって変化する。
年数よりも、症状をよく見て、塗装が必要が否かを判断するべき。

[南側]日射によるヒビ割れが起きやすい

[南側]日射によるヒビ割れが起きやすい

特に紫外線の影響を受けやすい南側。
色あせ、チョーキングの順に劣化が始まる。

チョーキングは防水性が失われているサイン。
建物内部へ雨水がしみ込む可能性がある。

また、サイディングのつなぎ目であるシーリングにもヒビ割れが生じるため注意しよう。

適した施工

  • 劣化が進んだ既存塗膜は剥がれの原因となる。高圧洗浄で洗い落としてから、塗装しよう。
  • 既存のシーリングや目地内のホコリなどをしっかり取り除き、新しいシーリングに打ち替える。

[北側]湿気が多いためカビや藻に注意

[北側]湿気が多いためカビや藻に注意

日の当たらない北側は、コケや藻が発生しやすい場所。
塗膜の劣化により外壁の防水性が低下すると、壁の表面にコケや藻が発生する。

外壁や屋根を直接傷める原因ではないが、他の場所よりも多く水分を浴びているため、
塗膜も劣化しやすいといえる。

適した施工

  • コケや藻に効果的なのは、塗装前のバイオ洗浄。バイオ洗浄で殺菌し、塗装面をきれいにしてから塗装する。
  • 数年経つと再びコケや藻が発生する可能性があるので、塗料は「防コケ・防藻・防カビ」性能があるものを選択。

まとめ

同じ家でも、日なたと日陰では異なる症状が出る。
点検するときには、外壁の一面だけを見るのではなく、建物全体をチェックすることが大切。

作新建装5つの安心

  1. 完全自社職人施工

    完全自社職人施工

    作新建装は1級建築士、2級施工管理技士(仕上げ)、1級塗装技能士、2級塗装技能士等、国家資格を所有している建築士、技能士、施工管理技士がいる相互リフォームのできる塗装店です。また、お客様により良いサービスを提供できるようにマナー講習や各勉強会に参加し、サービスの向上に日々努めております。
    さらに!
    営業経費カットで外壁塗装、屋根塗装、シーリング、防水工事を合わせてセット割りできます。建設業許可を取得しているので水廻り木工事などのリフォーム、増築、新築工事も対応可能です。

  2. 安心の保証書発行

    工事完工後保証期間が切れた後でもちょっとしたことなら、全てサービスで施工いたします。

  3. 各メーカー優良施工店

    関西ペイント優良認定店、エスケー化研優良認定店

    認定店授与で塗料メーカーお墨付きです。
    >>詳細はこちら

  4. 地域完全密着でアフターフォロー

    1年、3年、5年目ごとに塗装の状態をヒアリングさせて頂いております。

  5. 20名に及ぶ安定した職人

    20名からの職人が毎日常備対応します。社長の息子2名が職人として修行してますので20年後30年後もご安心ください。

 

サービス案内

  • 外壁塗装
  • 吹付け工事
  • 防水工事

施工動画

  • 薬品洗い高圧洗浄 薬品洗い高圧洗浄
  • タイル吹付け工事 タイル吹付け工事
  • 屋根 吹付塗装 屋根 吹付塗装

スタッフ一同心を込めて施工いたします。

  • スタッフ一同心を込めて施工いたします。
  • 八千代台店
  • 長作施工センター
  • 一級建築士事務所 習志野建設事業部

※営業目的のお電話は固くお断りしています。予めご容赦ください※